オンパチエルドラード(EL DORADO)は詐欺なのか?

エルドラード(EL DORADO)は詐欺?

 

オンラインで換金が出来るパチンコ&パチスロが打てる

エルドラード(EL DORADO)は詐欺サイトなのでしょうか?

答えはNOです。

換金出来るという事はお金を賭けて打てるという事。

もちろん負けたら賭け金は無くなりますが、

それはリアルのパチンコ店での遊技でも同じで、

それを詐欺だとは誰も言わないですよね。

 

今回はオンラインパチンコホールエルドラード(EL DORADO)

詐欺ではないという事を、複数の角度から解説していき

今後、本当に気を付けなくてはいけない事にも触れていきます。

 

エルドラード(EL DORADO)が詐欺ではない理由

「オンライン上でパチンコ&パチスロが打てて、

勝てば換金できるから詐欺ではない。」

そういったところで何の説得力にもならないと思います。

そこで、詐欺ではない証拠にどういったものがあるのか見ていきましょう。

 

詐欺じゃない理由:公式のライセンスのもと運営

オンラインカジノは運営元が所在する地域のライセンスを取得しているかが

信用出来るかどうかの判断基準の1つになりますが、

エルドラード(EL DORADO)を運営している通称テクノゲーミング

(TG system resources Limited corporation)が

フィリピンPAGCOR(パグコー)から

ゲーミングライセンスを取得して運営されています。

実際のカジノホールではなくオンライン上のカジノの一種としての位置づけなので

ゲーミングライセンスとなっているんですね。

そのPAGCOR(パグコー)ですが、結構スゴイところで、

日本で言うJRA(日本中央競馬会)のように

フィリピン政府が管轄しているカジノ公社なんです。

フィリピンの首都マニラやリゾート地で有名なセブ島、その他地域のカジノは

全てこのPAGCOR(パグコー)が運営しています。

つまり、フィリピン政府のお墨付きを貰って運営されているので、

詐欺なんでマネが出来るわけがないんです。

 

詐欺じゃない理由:入出金用の提携先がしっかりとある

エルドラード(EL DORADO)の入出金方法は、執筆時点で

  • ・銀行振込による入金(出金は近日対応予定)
  • ・仮想通貨による入出金
  • ・オンライン決済サービスによる入出金

と大きく分けて3つの方法があります。

さらに近日、ユーザー側の不正(マネーロンダリング)疑惑により中断していた

クレジットカード決済によるクレカ入金も復活予定です。

 

これらは何れの入出金方法についても

ただエルドラード(EL DORADO)に送金しますという訳にはいかず、

エルドラード(EL DORADO)側がしっかりと契約を結び、

口座・アカウントを作成しないと送金が成り立ちません。

当然法人としての契約になるので、厳しい審査を通過する必要があり、

詐欺なんてやったら一発アウトなので出来るわけがないんです。

 

詐欺じゃない理由:イベントの信憑性

これはガチの詐欺の話ではなく、広義での詐欺のはなしになります。

エルドラード(EL DORADO)ではほぼ毎日イベントが行われていて、

高設定台のヒントなどが事前告知されます。

そのイベント自体が詐欺イベント(ガセイベント)なんじゃないかと

疑念を持たれることがあるのですが、

エルドラード(EL DORADO)に実装されている機種は殆どが

リアルパチンコ・パチスロの機種よりも設定の判別がし易く、

判別方法や設定示唆演出などが明確なので、誤魔化しが利かないです。

オープンチャットなどでもリアルタイムで情報交換されているので、

配信した情報と相違があればすぐに発覚してしまいます。

なので自ら信用を失墜させるような事は無いです。

エルドラードへの登録はこちら

エルドラード(EL DORADO)を利用した詐欺に注意

エルドラード(EL DORADO)そのものは詐欺の可能性は無いのですが、

こういった新しいコンテンツというのは詐欺師の標的になりやすいので注意です。

今は市場規模がまだ大きいとは言えないのでありませんが、

今後更にエルドラード(EL DORADO)が盛り上がってきた時に

気を付けなければなりません。

 

詐欺攻略法に注意

エルドラード(EL DORADO)に実装されている機種は、

4号機の基準を再現したものが多いです。

4号機と言えばボーナスストック機能によって高い連荘性を誇り、

スロッターを熱狂させスロット全盛期を築いた基準機ですが、

当時はフラグコピー打法とかセット打法とか、体感機などを使ったゴト行為とか、

そういったものが流行しました。

エルドラード(EL DORADO)はオンラインパチンコ・パチスロの為、

筐体が物理的に存在するわけではないので、

体感機の様なゴト器具とか、

レバーを引っ張ってギリギリ反応するくらいに動かすとか、

クレジット数を自分で操作も出来ないのでセット打法とかも厳しいです。

恐らくシステム的には意図的にフラグ操作を出来ないようになっているハズです。

当時恐らく一番騙された人が多いだろう海物語やジャグラーのセット打法とかは、

手順を踏んでも指定の目や大当たりが無ければ手順1からやり直しなど、

そりゃ普通に打ってても同じだよ!という内容のガセ情報だったらしいので、

エルドラード(EL DORADO)でもデタラメな操作手順のガセ攻略情報が

出回る可能性があります。

まさか今の時代にと思うかもしれんせんが、

詐欺の手口は数年おきに繰り返し流行が来てますし、

特にSNS上では怪しい情報が沢山飛び交っているので、

エルドラード(EL DORADO)で検索するとターゲットを絞るのは容易です。

可能性として用心しておくに越したことはありませんね。

 

RMT詐欺に注意

オープンチャットなどでエルドラード(EL DORADO)内の

ゲーム通貨EP(エルドラードポイント)の売買取引の相談などが交わされています。

これらはRMTサイトを介したやり取りの相談なのでまだ大丈夫ですが、

危険なのはRMTサイトすら介さない個人間取引です。

エルドラード(EL DORADO)では色んな入出金手段が用意されており、

今後更に拡充されていく予定が組まれているみたいです。

手数料はやや割高にはなりますが、トラブル回避の保険と考えれば

高くはないと思いますので、なるべく公式に用意されている手段で済ませましょう。

ちなみに現在入出金で多く使われている手段は

以下のページで解説しております。

銀行振込

仮想通貨

オンライン決済エコペイズ(ecoPayz)

オンライン決済スティックペイ(STICPAY)

 

ツール販売詐欺に注意

また、非公式で既に流通している自動台取りツールや、

需要があれば開発を検討するとされているエラー落ち対策のツールなど、

様々なツールが開発されようとしています。

これらは非公式なので、運営側が対策に乗り出せば使えなくなりますが、

イタチごっこになるかと思われます。

 

こうしたことに目を付けて、ほぼ何の意味もなさないツールや、

対策逃れ出来る高性能ツールなどを騙った悪質な業者が出てくるかもしません。

本当に便利なもので他人の迷惑にならない範囲のものであれば、

公式オープンチャットなどで運営の監視付きでアナウンスされると思いますので、

こちらもSNSなどでの個別勧誘などに特に注意しておきましょう。

 

エルドラード(EL DORADO)詐欺に関するまとめ

エルドラード(EL DORADO)ではより遊びやすく、より便利に、

色んな機能や新機種が追加される予定です。

公式の範囲外でトラブルに巻き込まれることがないように用心して、

楽しいエルドライフを送りましょう。

エルドラードへの登録はこちら